1. HOME
  2. 恋愛
  3. 恋活・出会い
  4. 出会いの確率が上がる?出会いが多い仕事6つとその特徴を解説します
恋活・出会い

出会いの確率が上がる?出会いが多い仕事6つとその特徴を解説します

恋活・出会い

1

出会いの機会が多い仕事で、わざわざ出会いを求める必要がないのに…と考えたことはありませんか。

そこで今回は、出会いが多い6つの仕事や、出会いを探す際に注目すべき特徴について詳しく解説します。

出会いの多い仕事は、人々が出入りする頻度が高く、男女比が均等など、さまざまな特徴を持つ仕事が多いです。

この記事では、出会いの多い仕事6つとその特徴を中心に紹介します。

また、仕事場での恋愛が結婚につながる可能性についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

出会いの多い仕事6つ

では、具体的にどのような仕事が出会いの多い仕事になるのでしょうか。

以下に6つの仕事を詳しく解説します。

仕事において出会いを求めたい人や、日常生活で出会いが少ない人は、ぜひ参考にしてみてください。

飲食・サービス業

飲食業やサービス業では、働いている人々の男女比が良いため、出会いの機会が多いです。

さらに、さまざまな年齢層の人たちと出会うことができます。

仕事上でスタッフ同士が助け合って店の運営を行うことが多く、コミュニケーションの機会が多いのが特徴です。

仕事を通じて関係を深めやすくなるでしょう。

仕事終わりに一緒に食事や遊びに行く機会もありますので、仲良くなるチャンスも多いです。

また、お客さんとの出会いも期待できます。

日々多くのお客さんに接客する中で、自分のタイプの人と出会える可能性もあります。

飲食やサービス業は、職場やお客さんとの両方からの出会いが期待できる職業と言えるでしょう。

マスメディア業界

マスメディアの業界では、テレビ局や広告代理店などで働くことができます。

この業界は有名人との出会いが期待できるため、多くの人との人脈を築く機会があります。

パーティーや合コンなども頻繁に開催され、出会いのチャンスが豊富です。

美容やファッション業界には、スタイリストや美容師、ネイリストなどの職業があります。

これらの職業は、人々との接触が頻繁であるため、出会いが多いです。

また、この業界で働く人々はオシャレで清潔感があり、モテる人が多いのが特徴です。

そのため、仕事を通じて恋愛関係が築きやすいです。

商社業界

商社業界では、営業や事務などの仕事に従事します。

営業部門では、国内だけでなく海外で営業活動を行う機会もあり、異文化に触れることもできます。

事務職の場合は海外に出張することはありませんが、営業担当のサポートをすることが多いため、営業の人々との関係が深まることもあります。

商社という職業は一般的に真面目なイメージがありますが、実際には体育会系で飲み会が頻繁に開催され、そこで人脈が広がることが多いです。

社内恋愛や海外での出会いも期待できます。

金融業界

金融業界では、保険や銀行などで働くことができます。

この業界では社内恋愛が比較的多く、同僚との出会いがある場合が多いです。

研修が頻繁に行われ、飲み会も開催されることがあるため、職場では仲間を深めることがしやすい環境です。

各店舗には売上目標などのノルマがあり、社員全員が一丸となって仕事に取り組むことが多いため、男女関係なく仲良くなる機会がたくさんあります。

真面目な性格の人が多く、合コンに参加する人は少なめです。

そのため、社内での恋愛が発展して結婚に至るケースが多いです。

公務員

公務員の職場も男女の比率がバランスよく、職場恋愛が盛んです。

公務員は安定した職業であるため、モテる職業としても知られています。

公務員同士での職場恋愛はお互いに安心感があり、結婚へのステップを進めやすい環境です。

産休や育休が取りやすい制度もあるため、結婚への移行がスムーズになる傾向があります。

公務員の職業は、恋愛から結婚に至るケースが多いのかもしれません。
[ad]

出会いの多い仕事には共通の特徴がある

仕事を選ぶ際に比較する際にも、出会いの多い仕事の特徴を知ることが役立ちます。

出会いの多い仕事の特徴を見ていきましょう。

人の出入りが激しい仕事は、多くの人との出会い機会があります。

仕事の変動が頻繁なため、さまざまな人と出会うことができます。

出会いを求めるなら、人の出入りが激しい仕事が適しているかもしれません。

出会いの数が多ければ、自分が好みのタイプの人と出会う機会が増えるため、より良い出会いを見つけやすくなるでしょう。

仕事によっては男女の比率にバランスがある

男性が多い職場や女性が多い職場など、性別のバランスが取れている仕事では、異性との出会いが増える可能性があります。

男女比がバランスよく、出会いを求めるならそのような仕事がおすすめです。

男女比のバランスは、出会いの機会にも影響を及ぼすので、できるだけ男女比がほぼ均等な仕事を選ぶことが良いでしょう。

男女比のバランスが良く、コミュニケーションの機会が多い仕事は、素敵な出会いを求めやすい環境です。

年齢層のバランスも大切

年齢層のバランスが良い職場では、出会いを求めている人が多く、職場恋愛も期待できます。

年齢層が高い仕事では既婚者が多く、出会いを求めている人は少ない傾向にあります。

しかし、若い人も多い職場であれば、出会いを求めている人もいるため、恋愛の可能性は高まります。

年齢層が高い職場よりも、若い人が多い職場の方が出会いに結びつきやすいでしょう。

職場結婚もありえる?

次に、仕事場での出会いが結婚に繋がることが多いかについて考えてみましょう。

仕事場での出会いは、しばしば結婚に至ることがあります。

結婚するきっかけとなる出会いのパターンについて解説します。

結婚相手との出会いのきっかけは多岐にわたりますが、統計によると仕事関係や職場での出会いが約28%を占めています。

2015年の統計によれば、結婚のきっかけとしては2番目に多いです。

社会人になれば、仕事に多くの時間を費やすため自然と同僚との関係が深まっていきます。

仕事での良好な関係が恋愛関係に発展する場合も少なくありません。

また、お互いの仕事に理解があることから、結婚に踏み切りやすいという利点もあります。

友人からの紹介

友人からの紹介は、約30%と最も多い結婚相手との出会いのきっかけです。

友人からの紹介なら、自分に合った異性を知っている可能性が高いため、理想の相手を紹介してもらいやすいです。

結婚まで至る成功事例は実際に多く見られます。

マッチングアプリ

マッチングアプリなどの婚活サービスを通して結婚した人は、約15%と言われています。

以前はマッチングアプリで出会う人は少なかったですが、現在では増えてきています。

マッチングアプリは多くの異性と出会える機会を提供してくれるため、結婚につながる可能性が高くなっています。

習い事での出会い

習い事での出会いから結婚する人は、約4.8%です。

習い事では自分の興味のある分野を学ぶため、同じ趣味を持つ人と出会いやすくなります。

共通の趣味があることで会話が弾み、恋愛に発展することも多いです。

共通の習い事を通じてお互いを知り、結婚に至るケースがあります。

出会いの多い職場での恋愛は注意が必要

職場での出会いを求める人や出会いの多い職場で働く人は、職場恋愛をする際には慎重になる必要があります。

職場恋愛には、良い点と悪い点が存在します。

出会いの多い職場に勤めていると、恋人を作りやすく、身近な場所で出会いを見つけやすいというメリットがあります。

しかし、出会いの多い職場での恋愛には注意すべきポイントもありますので、それを理解することが重要です。

良い点と悪い点を把握していないと、職場恋愛によってトラブルに巻き込まれる可能性があります。

メリット

職場で恋人に会えることは、職場恋愛ならではのメリットです。

同じ職場で働いていると、同棲していなくても長時間一緒に過ごすことができます。

また、相手の仕事ぶりを見ることができるため、相手をより深く知ることができます。

仕事が忙しい時でも、恋人と職場で会えることで仕事にも集中することができます。

デメリット

一方で、公私を混同してしまい、周囲から仕事の妨げになっていると思われてしまうリスクがあります。

恋人とできるだけ一緒にいたいという気持ちから、無理に一緒に営業に行って周囲に迷惑をかける行動を取ってしまうかもしれません。

公私を分けることが重要です。

出会いの多い職場での恋愛をする際には、良い点と悪い点をよく理解し、トラブルにならないように慎重に行動することが大切です。

「自分は絶対に公私混同しない」と思っていても、恋愛においては感情が変わり、公私を混同してしまう人がいます。

職場での恋愛には、公私混同のリスクがあることを念頭に置いておくべきです。

これは、恋愛関係にある人と一緒に働くことによって、仕事とプライベートの境界が曖昧になってしまう可能性を指します。

職場恋愛を経験した人が別れた場合、辛い気持ちのまま仕事をしなければならないという問題が生じます。

特に相手からフラれた場合、しばらくは相手の顔を見たくないという気持ちになることがあります。

しかしその場合でも、職場が同じであれば、相手の顔を見たくなくても、仕事をする中で相手と接触することは避けられません。

一緒に仕事をしなければならない場面も出てくるでしょう。

一度相手から離れたいと思っても、職場での接触が多いため、心を癒す時間を取ることが難しいというデメリットがあります。

まとめ

職場恋愛は別れた後の引きずりが高い可能性があります。

職場が同じであるため、辛い気持ちを抱えながら仕事をしなければならず、相手と接する機会も多いため、心を癒す時間が取りにくくなります。

もし出会いの多い職場で働くのであれば、飲食・サービス業やマスコミ関係などが挙げられますが、そういった仕事では公私混同のリスクが高まる可能性もあるため、注意が必要です。

男女の比率がバランスよく、人の出入りが激しい職場や年齢層のバランスがよい職場で出会いが多いという特徴があります。

そのような職場を選ぶ際には、公私混同のリスクを考慮しておくと良いでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ