1. HOME
  2. 婚活
  3. 婚活で出会いが目的なら自己中にならないこと…謙虚である必要もない
婚活

婚活で出会いが目的なら自己中にならないこと…謙虚である必要もない

婚活

自分が一番…

これは生きていくうえでの基本です。

まずは自分で自分を好きになることから始めないと、

人生楽しくありません。

婚活も自分中心で行うことが大切です。

しかし、自己中心になってはいけません。

自分中心と自己中心は、

字が似ていますが、似て非なるものなのです。

人があって自分があるので何事も自己中心的な人間は嫌われます。

自己中心的な人間で大成する業界があるとすれば、

アーティスティックな世界ですな。

個人事業主でなければやっていけない世界です。

人は何をするにも人の助けが必要です。

なので、自己中で誰の助けもいらない…

なんていうスタンスの人がいますが、

人の協力やサポートの上に胡座をかいていることを知らなすぎといっていいでしょう。

婚活にも少なからずそういった自己中心的な人がいるようです。

どういった面で自己中心的な行動が現われるかというと、

まずは、担当のスタッフに対して横柄な態度を取る、

などですね。

紹介してくれた相手を気に入らないから次…

というのは日常茶飯事で、

自分のスケジュールをごり押しして、

この日のこの時間以外はダメだ、なんて言う人も少なくないそうです。

スタッフは献身的に会員をサポートすることが仕事です。

しかし、スタッフも人の子ですから、

自己就寝的な人は持てあましてしまうでしょう。

だんだんとモチベーションが下がってしまいます。

紹介する頻度も下がっていくのは間違いありません。

何をやっても否定されることが多くなれば、

好みがわからなくなってきますし、

紹介のハードルが高くなってしまうからです。

そうなると、

婚活がうまくいかないのは自分のせいであることを認識しなくてはいけません。
[ad]

自己中心にならないために

自己中心的な性格が持って生まれたものならば、

それを直すのは至難の業でしょう。

というか、

直らないといっていいかもしれません。

そういう人が入会してきたら、

担当のスタッフも大変です。

アポイントが取れて、

いざデートの場面となっても、

自己中心的な人は相手に対して高いハードルを設定しがちです。

普通ならまとまるものも、

まとまりにくくなるでしょう。

そういったことに本人が気づけば、

まだ対処の方法もあるのですが、

気づかなければ、

いたずらに時間だけが過ぎていってしまいます。

それもこれも自業自得といっていいでしょう。

婚活は積極的に

婚活は積極的に行動する必要があるので、

謙虚である必要はありません。

かといって、自己中心的なのもいけません。

ある程度、

感情のコントロールはできるでしょう。

抑えるところは抑えて、

攻めるところは攻めて、

臨機応変に対応することが婚活には大切ですよ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ