1. HOME
  2. 婚活
  3. 婚活デート
  4. 相手を傷つけずにデートを断る方法
婚活デート
相手を傷つけずにデートを断る方法

相手を傷つけずにデートを断る方法

婚活デート

33

「デートに誘われたけど、断り方が分からない」、「相手を不快にさせずに断りたい」という悩み、多くの人が抱えていることでしょう。

心を傷つけずにデートの断り方は状況によって異なります。

この記事では、異性からのデートの誘いを断る際、状況に応じた方法を紹介します。また、避けるべきNGなアプローチも取り上げますので、ぜひ参考にしてください。

相手の気持ちを尊重するデートの断り方

相手の気を傷つけず、デートを断る場面もあります。ますます、相手の気持ちを尊重するデートの断り方をご紹介しましょう。

家族との約束があることを伝える

相手を傷つけずにデートを断りたい場合、家族との約束があることを伝えるのが一つの方法です。「その日は家族との約束が入っていて、すみません」と伝えれば、相手は理解してくれるでしょう。

友達との予定があることを伝える

友達との約束が入っている場合も、相手を傷つけないデートの断り方です。自分が既に予定を入れていたことを説明すれば、相手も納得してくれるでしょう。

仕事が忙しいことを伝える

「仕事が忙しくて、その日は難しいです」と伝えれば、相手は理解してくれるでしょう。ただし、同じ職場の相手には注意が必要です。職場外の相手に向けた断り方としておすすめです。

楽しみにしていたイベントがあることを伝える

楽しみにしていたイベントがあることを伝えるのも、相手を傷つけない断り方の一つです。「その日は前から楽しみにしていたイベントがあるので、残念ですが行けないんです」と説明すれば、相手は納得することでしょう。

冠婚葬祭があることを伝える

冠婚葬祭を理由にデートを断るのも一つの方法です。「友人の結婚式があるので、その日は行けないんです」と伝えれば、相手も理解してくれるでしょう。

ユーモアを交えて断る

ユーモアを交えてデートを断るのもおすすめです。「ちょっと事務所に相談してみますね」と明るく断ることで、相手に与える影響を最小限に抑えられます。特に仲の良い相手に対して、お茶目に断るのは有効です。
[ad]

気になる相手へのデートの断り方

気になる相手からのデートの誘いを断る場合もあります。その際、相手の気持ちを尊重しつつ、断る方法をご紹介しましょう。

誘いに感謝の気持ちを伝える

まず、誘いに感謝の気持ちを伝えましょう。「誘っていただき、ありがとうございます。とても嬉しいのですが、その日は予定があるので行けないことをお許しいただけますか?」と伝えることで、相手は傷つかないでしょう。

行きたいという気持ちを伝える

「行きたいのですが、その日は都合がつかないんです」と率直に伝えましょう。この一言があるだけで、相手は再度誘ってみようと思うことでしょう。特に、あなたに気がある相手ならば、安心感を与えられるでしょう。

理由を説明する

「1カ月前から友達と遊ぶ約束があるから」「仕事の締め切りが迫っていて、その日はどうしても行けない」と、詳細な理由を説明することが大切です。曖昧な返事を避け、相手に誠実に対応しましょう。

代替の日程を提案する

「〇日は友達との約束が入っているので行けませんが、次の週の△日は空いています。その日はどうでしょうか?」と、代替の日程を提案してみましょう。自分から日程を提案することで、相手に強い興味を持ってもらえるかもしれません。

次回は自分から誘うことを約束する

「次回は絶対自分から誘います」と、次回のデートを約束するのも、相手を傷つけないおすすめの断り方です。これにより、相手はあなたの気持ちが脈ありであることを感じ、前向きに考えるでしょう。興味のない相手に向かって「次回は自分から誘う」と伝えることは稀です。
[ad]

脈なしの相手へのデートの断り方

脈なしの相手からデートに誘われる場合もあります。その際、効果的な断り方をご紹介しましょう。

他の人も誘うことを提案する

「〇〇さんたちも誘ってみますね!」、「人数が多い方が楽しいので、〇〇さんも誘っていいですか?」など、他の人も誘うことを提案するのがおすすめです。これにより、相手に脈なしだというメッセージがさりげなく伝わるでしょう。

休日はリラックスしたいと伝える

「最近疲れているから、休日はリラックスしたいんだ」と言えば、相手はあなたに興味がないことを理解します。気になる相手にデートに誘われて、休日を優先するのは一般的ではありませんから。

仕事が忙しいと伝える

詳細な理由を伝えずに、「仕事が忙しいので…」と曖昧な雰囲気で断りましょう。仕事が理由で断られた相手は、その後無理に誘ってこないでしょう。

しつこい相手へのデートの断り方

脈なしサインを出す断り方にもかかわらず、何度もしつこくデートに誘ってくる相手もいます。ここでは、そのような相手に対してどのように断れば良いか紹介します。

気になる人がいることを伝える

「今気になる人がいるから、誰かと2人で出かけて誤解されたくないんだ」と伝えれば、他に好きな人がいることを理解してもらえます。気になる人は自分ではないことを気付かせ、断り方を明確にしましょう。

はっきりとデートに行くつもりがないことを伝える

「好きな人がいるから、あなたと2人ではデートできません」とはっきり伝える方法もあります。何度もしつこくデートに誘ってくる相手は、脈なしだと気付かない鈍感な人の可能性が高いです。はっきり言われるまで、あなたの気持ちに気付かずにアタックを続けることもあるでしょう。

他の人をデートに誘った方がいいと伝える

「他の人を誘ってみてよ」「〇〇とか△△とか誘ってみれば?」と、他の人をデートに誘うことを提案する方法もあります。自分以外の人とデートしなよと言われた相手は、「自分に興味がないのか」と気付くはずです。

デートの断り方で避けるべきNG行動

最後に、デートの断り方で避けるべきNG行動について紹介します。

無視する

脈なしの相手にデートに誘われたとき、断るのが面倒に感じて無視をするのはNGです。無視をされた相手は、あなたからの返事がくるまで不安に思うかもしれません。そのため、無視せずにはっきり断りましょう。

約束をしてあとからドタキャンする

最初から行くつもりがないのに約束をして、あとからドタキャンするのはやめましょう。ドタキャンは礼儀正しくありませんし、どの相手に対しても避けるべき行動です。

相手に分かる嘘をつく

友達と遊ぶために仕事があると嘘をついたり、急に予定が入ったと伝えたり、相手にすぐに分かるような嘘をつくのはNGです。分かりやすい嘘は相手に悪い印象を与え、信用を失う原因になります。
[ad]

デートを断るストレスへの対処法

デートを断ることに対してストレスを感じることがあります。その理由と対処法についてまとめましょう。

断ることで罪悪感を感じるから

自分を好きになってくれた相手からの誘いを断ると、罪悪感を感じてしまうことがあります。断ること自体が悪いことではないので、ストレスを感じずに済ませる方法が必要です。

デートを断るときのストレスを減らす方法

デートを断るときのストレスを減らす方法は以下の2つです:

断るときのシミュレーションや練習をする

デートの断り方をシミュレーションしたり、練習したりすることで、実際のシチュエーションでのストレスを軽減できます。どのように断るかを事前に考え、自信を持って断ることが大切です。

断ることを自己メンタルケアと捉える

デートを断ることは、自己メンタルケアの一環と捉えましょう。自分の気持ちや時間を尊重し、精神的な健康を保つための行動と考えれば、断ることに対するストレスは軽減されるでしょう。

まとめ

家族の予定や仕事の忙しさを理由にデートを断ることで、相手を傷つけずに誠実な断り方ができます。気になる相手には、感謝の意を伝えたり、代替の日程を提案したりして、好意を持ってもらえるよう努力しましょう。

脈なしの相手にははっきりと断ることが大切です。また、デートの断り方で避けるべきNG行動も理解しておきましょう。最後に、断ることにストレスを感じる場合は、対処法を活用してストレスを軽減しましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ